おがさわら丸 ドッグルーム 編 🐬 詳細レポート! ワンコとおが丸

愛犬と世界遺産・小笠原へ。小笠原諸島(父島)への唯一の交通手段、おがさらわ丸でワンコはどうやって過ごすのか?  今回はおがさわら丸 ドッグルーム編をお届けします。

8月某日、我が家の愛犬・黒柴のさくらと小笠原へ旅立ちました。まずは、おがさわら丸(おが丸)に乗船するため、東京の竹芝桟橋へ。小笠原海運の方に、「わんちゃんは9時30分までに手荷物受付で手続きしてください」と言われていたので、8時30分の受付開始時刻に受付しました。ペット料金は2等運賃の半分、つまり子ども料金(14072円)。なぜに子どもと一緒? ちょっと高いかな? ちなみに、クレジットカードは使えません。

受付時に、送状という用紙に、氏名・電話番号(復路は、氏名・電話番号・住所)を記入します。用紙には、「ペット」というハンコと、「※客室の持込みは禁止です ペットルーム(ゲージ)をご利用下さい。ご乗船の際係員にご提示願います。」という文言が書かれています。そんなこんなで、無事に準備も整ったので、乗船口へ。


_DSC0010

指定席の人から乗船開始です

_DSC0064

いざ、小笠原へ

さくらをキャリーに入れて先ほどの送状を係員に見せ、乗船は無事に完了。早速、さくらをペットルームへ。ペットルームは、Cデッキ(レストランのあるデッキ)にあります。25時間30分の船旅、大丈夫かな(不安)。

_DSC0028

ペットルームの利用は、6時〜22時(それ以外の時間も施錠はされていません)。飼い主は利用時間は自由に出入りできます。ペットルーム内は、大型犬も大丈夫な大きめのゲージが6つ(ドアを開けて手前に3つ、さらにドアを挟んで流し台の奥に3つ)あり、エアコンも完備されています。

_DSC0023

ドアを開けて左奥にゲージが3つ。手前は流し台

_DSC0024

こんな感じでキャリーをセット

_DSC0027

流し台。餌皿などがある

_DSC0026

トイレシーツも特大からレギュラーまで揃っている


さくらは、ゲージのなかに敷いているトイレシーツではオシッコはしない(予想通り!)ので、ゲージの外にシーツを敷いて、「はいはい。オシッコして〜」と言うとしてくれました(これを数回繰り返し)。
今回の乗船では、大人しい柴ちゃんが一匹同乗していましたが、特にワンワン吠えるでもなく、問題なく過ごせました。

乗船中、甲板では散歩もできます。客室以外の船内でも歩かせることはできますが、犬が苦手な方もいらっしゃるので抱っこが無難かと思います。

_DSC0096

潮風が気持ちいい!?

25時間30分の長い船旅でしたが、ペットルームに10回ほど様子を見に行って、甲板で散歩して夕陽を観たりと、なんとか無事に父島まで過ごせました。できるだけ、ストレスがかからないように配慮しましたが、さくらはどうだったかな〜?

_DSC0163

甲板をお散歩

_DSC20443

夕焼けを眺めるさくら

_DSC0347

父島に到着〜

長旅でしたが、どんなところで過ごしているかわからない飛行機よりは安心かと思います。客室以外の場所では、犬についてけっこうゆるい感じでしたが、マナーを守って過ごしたいものです。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. だいす子 より:

    はじめまして。
    おととし自分も小笠原に行ってきたんですが。
    流石に連れて行けないと勝手に思い込んで預けて行きました。。
    もっと早くに知っていれば・・・・。
    いろいろ面白い事されてるんですね。
    犬とどっか出かけたりするのにもホテル情報もすごい!
    活用させてもらいます~。
    さくらさん べっぴんさん♪

  2. さくら より:

    はじめまして!
    blogを開始してから、初めてコメントをいただきました!
    感謝感激です(^ ^)
    なにぶん、個人でやってるもんで、ああしたいこうしたいと思ってばかりの、
    まったく未完成なサイトですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。