ワンコが食べると危険な草花 🌷 STOP誤食!

過ごしやすい季節になると、公園やドッグランなどに出かける機会も多くなるかと思います。そんな時にちょっと心に留めておきたいのが、 ワンコが食べると危険な草花 。気づいたらもしゃもしゃしている! なんて大変なことになる前に、しっかりとケアしてあげましょう。




 観賞用に多し! 身近な危険植物

ここで紹介するのは、庭先や公園にあるい身近な草花ばかりです。
通常はいきなり食べることはないとは思いますが、何かの拍子に誤食してしまうのを防ぐためにも、押さえておきたい情報です。

スイセン
全草が有毒で、特に鱗茎に毒成分が多くあります。
接触性の皮膚炎、食べることでよだれが出て、嘔吐や下痢の原因になります。大量摂取で、低血圧や不整脈にも。

カーネーション
切り花でよく見られる素敵な花ですが、毒性があります。
軽度ではありますが、胃腸障害や皮膚炎の原因になります。

トマトの葉
家庭菜園やベランダ菜園で人気のトマトですが、茎と葉に毒性があります。
よだれが過剰に出たり、食欲不振、下痢、衰弱、(脈が遅くなる)不整脈などを起こす原因になります。

あさがお
胃腸障害により食欲不振や運動失調の原因になります。
さらに、興奮や幻覚作用を引き起こすこともあります。

ヒヤシンス
下痢や嘔吐などを引き起こし、皮膚炎やアレルギー反応を示す犬も。
球根部分に強い毒性があります。

福寿草

根を含め全草に毒性があります。
血圧上昇、呼吸困難、心臓麻痺などの原因になります。





シクラメン
下痢や嘔吐、過剰なよだれの原因になります。
球根は誤食すると発作を起こし、死にいたることもあります。

ユリ
全草に毒性があり、少量でも尿細管壊死を引き起こし急性腎不全の原因になります。
家庭の庭や野山での、球根がある場合は特に要注意です。

チューリップ
下痢や嘔吐の症状を引き起こし、たくさんのよだれの原因になります。
球根部分に毒性が強く、注意が必要です。

ゼラニウム
庭先などでよく見かけるかわいらしい草花ですが、嘔吐や食欲不振の原因になることがあります。

アイビー
一年を通してよく見かける観葉植物ですが、葉や果実には毒性があります。
皮膚への刺激も強く、誤食によりよだれや腹痛を引き起こします。

 

以上、えっ! そんな毒性が◯◯にあるの!? と思うものばかり。
これらの植物のある場所では、もしものことを考えて飼い主さんがしっかりと注意してあげましょう。
今後も、これは! と思うものはリストに追加していきたいと思います。

それでは、皆さま、素敵なお出かけをお楽しみください。

皆さま、気持ちの良い行楽を!

皆さま、気持ちの良い行楽を!




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。