ワンコNG食材 🍊 ダメ。ゼッタイ。フルーツ編

フルーツってビタミンが豊富で、なんだか健康そのものってイメージがあると思います。ついついワンコにあげちゃいそうになるけれど、本当に大丈夫なのでしょうか? 今回紹介するのは、ワンコが食べちゃうと中毒を起こしたりして大変なことになってしまう ワンコNG食材 フルーツです。飼い主の皆さん、しっかりと覚えておいてくださいね。

CONTENTS

与えると命にかかわる果物

ぶどう

まずは葡萄。
ワンコがぶどうを食べちゃって腎不全や下痢なんかになっちゃった中毒報告が数多くあります。もうすでに腎臓に持病のあるワンコは重篤症状になっちゃうこともあるので、絶対与えてはいけません。ちなみにぶどうは干してもダメ! 干しぶどうも同じ危険性があります。

プルーン

次にプルーン。
葉や種、茎を食べて呼吸困難になったりショック症状の報告があります。プルーンは乾燥すればするほど毒性が強くなるので、特にドライフルーツは絶対ダメ!
中井貴一さんには申し訳ないけど、生でもあげないようにお願いします。

いちじく

いちじくは皮や葉っぱ、果肉にソラレンやフィシンなど中毒性のある成分があります。
食べると口内が炎症を起こしたり、嘔吐やよだれの症状が出てきます。種も多く、とにかく与えてはいけません。

柑橘類

柑橘類は外皮部分に嘔吐・下痢の原因となる中毒成分があります。
レモンは皮を剥かないで絞り、グレープフルーツも皮は剥かずにそのままナイフで切ったりするので、とにかくあげない方が安心です。

ドライフルーツ

プルーンでもドライフルーツが出てきましたが、ドライフルーツは砂糖漬けなどで糖分が多く、食物繊維が多いのでワンコの腸内細菌がバランスを崩してしまいます。結果、軟便や下痢を引き起こすので、絶対にあげてはいけません。

以上、「ワンコNG食材 🍊 ダメ。ゼッタイ。フルーツ編」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
我が家の愛犬さくらはたまにお家でリンゴをほんの少しだけあげることがあります。その際は、種が喉に詰まっちゃいけないのでちゃんと切り分けています。

人間の食べ物はあげていいものも、とにかく少量が無難です。
飼い主が食べているのを羨ましそうに見てきても、しっかりとした知識を持って、健康管理してあげましょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。