メニュー 閉じる

ケンチャ・ルマ ? コンドミニアムで気ままに八丈島ステイ!

2016年のゴールデンウィーク。常春の島・八丈島で、気ままな素泊まりのコンドミニアム、ケンチャ・ルマ (Kencha Rumah) に3泊でお世話になりました。

南の島! と思いついては沖縄ばかり行っていた我が家ですが、たまには違うところで…と、八丈島へ行ってきました。
八丈島の魅力はなんと言ってもその近さ! 飛行機だと羽田から1時間もかからないんです。
今回は、行きは飛行機、帰りは船(橘丸・約10時間)で往復してきました。

飛行機で一時間弱
飛行機で一時間弱
船で約10時間
船で約10時間

飛行機で一時間弱のあっという間のフライト。空港に到着すると、宿の方が迎えに来てくれていました。
お迎えの車に乗り込み約5分。宿は少し入り組んだ道を入ってすぐ、空港の真南にありました。

広々とした駐車場
広々とした駐車場

早速、チェックインと同時に、宿とレンタカーの料金を前払いし、簡単な説明を受けます。
ワンコについては、宿もレンタカーも特に何も言われなかったです。
しっかりとマナーを守っていれば問題ないと思います。

今回の相棒、軽ワゴン
今回の相棒、軽ワゴン
さくらさんも嬉しそう
さくらさんも嬉しそう

今回、駐車場代が無料(他社だと1日500円)ということもあり、宿のレンタカーを借りました。3 泊4日の相棒は軽ワゴン、品川ナンバーです(笑)走行距離は10万キロ超、ちょっと古いですが、ワンコも同伴だし仕方がないですかね…。さくらさんは車内で結構自由にしていました(もちろん、返却時にはコロコロとファブリーズをしました)。それにしても、運転席側のパワーウィンドが動いたり動かなかったり…これには少々困りました。

さて、肝心の部屋ですが、ユニットバス、電熱コンロ付きのいたって普通のツインルーム。エアコンはコイン式でした。
ちなみに、出入りは24時間可能(戸締りなし)(個々の部屋には暗証番号式の鍵があります)。コインランドリーもあります。

入り口を入ったスペース
入り口を入ったスペース

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

また、それぞれの客室が取り囲むようにダイニングルームがあり、冷蔵庫、ポータブルのIHコンロ、食器、調味料などが揃っていて、調理をして食事ができます。

ダイニングスペース
ダイニングスペース

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

そして、ダイニングを抜けるとバーベキュースペースと洗濯干しがあります。

3泊した感想ですが、ワンコのことも特に何も言われませんでしたし、徒歩圏内にスーパーや百円ショップもあるので自炊には困りませんでした。24時間出入り可能なので、自由気ままに過ごしたい人には快適な宿だと思います。ただ、一階が宿、二階がオーナーの居住スペースとなっていて、上階のドンドン音がひどかった時があり、そこは泊まり客に気を遣ってほしいところ。
とはいえ、レンタカー込みで安く泊まれるので、今度は長期滞在したいなぁ、なんて思っています。

Kencha Rumah (ケンチャルマ)
東京都八丈島八丈町大賀郷2297
 
黒潮を感じたワン
黒潮を感じたワン

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。