メニュー 閉じる

ワンコと百合が浜 ? 絶景の幻島とメルシー体操

ワンコと与論島めぐり。今日は、レンタカーで映画『めがね』メルシー体操の舞台でおなじみの寺崎海岸、渡し舟で行く幻の島、 百合が浜 へ。渡し舟の業者には、ワンコ連れも確認済。果てして絶景はみられるのか!? 晴れてくれるといいんですが、どうなることやら。

CONTENTS

 ビーチのはしご!与論島ドライブ

朝食は、バイキング形式。都会のホテルのような豪華さはありませんが、手作り感のあるこれまた美味しい料理ばかりでした。

薄曇りのホテルヨロン島ビレッジ
薄曇りのホテルヨロン島ビレッジ
看板犬のケン(右)と孫のマーゴ
看板犬のケン(右)と孫のマーゴ

朝食を終えて外へ出ると、看板犬のケンとマーゴにご挨拶。ケンの名前の由来は犬の音読みから。それもどうかと思うし、そもそもメスなんですけど…。そして、マーゴの名前の由来はケンの孫だから…。もうツッコミどころが多すぎます(笑)

さて、今日はレンタカーで島をまわります。9時からのレンタルなので、8時50分ごろヨロンレンタカーの方がホテルまで迎えにきてくれました。手続きを済ませて、早速ドライブのスタートです。ドライブしてみると、与論島は案外起伏が激しく、自転車ではちょっと一周するのはしんどいかな〜と思いました。有名なヨロンマラソンのコースはどんななんでしょうか?

『めがね』のメルシー体操で有名な寺崎海岸
『めがね』のメルシー体操で有名な寺崎海岸

海が綺麗な与論島、ということでビーチをハシゴしました。ビーチのハシゴなんて、なんだか宮古島みたいです。寺崎海岸、黒花海岸、赤崎海岸、メーラビーチ……などをまわりましたが、映画『めがね』のメルシー体操のロケ地である寺崎海岸が一番良かったです(メルシー体操をする人撮る人がセットで何組かいました(笑))。きめの細かい白い砂浜と美しいグラデーションがお見事!

言葉にならない美しさ!
言葉にならない美しさ!
さくらさんの足あと
さくらさんの足あと

その他、ヨロン駅や舵引きの丘などのスポットをまわりました。

ヨロン駅の犬!
ヨロン駅の犬!
島の中央の高台にある展望台
島の中央の高台にある展望台

 渡し船で憧れのゆりが浜へ

そして、本日のメインイベント・百合が浜ツアーです。ツアーと言っても百合が浜までの渡し船ですが。料金は1人2000円。問い合わせると、ワンコも乗せて大丈夫とのこと! ちなみに、さくらさんは本当に嬉しそうに砂浜を走ります。綺麗な砂浜は、肉球にもいいのかな(笑)?

憧れの百合が浜(入り口)
憧れの百合が浜(入り口)

渡し船を待つ間、百合が浜(大金久海岸)への途中で、キャッチセールスにつかまりました(笑)。珊瑚のアクセサリーやキーホルダーなどの小物を扱っている露天商のおばあちゃんなのですが、これがまた強引! とにかく話をして、お茶を出すよ、写真を撮ってあげるよ(あとで確認したら指入ってました(笑))、こんなのが似合ってるよ、などなど。なんだか買わなくてはいけないような立場に追い込まれます。しかし、ここで負けてはいけないと、「また後で来ます」と追いすがる視線を振り切りました。
その後、渡し船へは別の入り口から(笑)

さてさて、百合が浜ですが、一般的に春から夏にかけての大潮の干潮の時間帯にその姿を現します。本日は干潮(15時30分頃)に合わせて、13時30分頃にビーチを出発です。
それにしても、船の上からの海の綺麗なこと!

ヨロンブルー
ヨロンブルー
幻のように現れる白砂
幻のように現れる白砂
さくらさんも大満足?
さくらさんも大満足?

百合が浜の滞在時間は1時間ほどでしたが、本当にあっという間でした。天気もちょうど良くなって、見渡すかぎりの絶景に、ただただ感動です。百合が浜ツアーのあとは、レンタカーを返却して、ホテルでのんびりと過ごしました。

ホテルにある原っぱ
ホテルにある原っぱ
コンクリートは冷たくていいねぇ
コンクリートは冷たくていいねぇ

そんなこんなで今日も日が暮れます。お腹はペコペコ!

お待ちかねの夕食
お待ちかねの夕食
今日の日はさようなら
今日の日はさようなら

夕食を終えると美しい夕暮れとともに、静かに夜の帳が下りはじめます。明日は与論島を離れる日。予想外にステキな島だったので、もっともっといたいなぁって思っちゃいます…。

ヨロン島 ビレッジ
鹿児島県大島郡与論町茶花2904-6
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。