メニュー 閉じる

庄助の宿 瀧の湯 ♨ お部屋で滝見! 会津の名湯でお部屋食

年の暮れの福島旅の3泊目は、会津の名湯・庄助の宿 瀧の湯へ。小雪がはらはらと舞うなか、温泉でゆっくりしてきました。もちろん、愛犬さくらもペットプランで同部屋宿泊。温泉もGOOD、お部屋食でゆっくりのんびり。360°全天球でお部屋紹介、いろいろと気がついたことを詳細レポートします!

CONTENTS

会津若松から車で約10分ほど、湯川水路沿いに庄助の宿 瀧の湯はあります。大きな宿だったので、駐車場はさぞ広いかと思いきやこじんまりとしていて、最初は通り過ぎてしまいました。ちなみに、駐車場に入って鍵を預け、駐車してもらうシステムでした。狭い駐車場なので、相当詰めないとまわらないようです。

チェックインすると、まずはウェルカムドリンクとお茶菓子をいただきます。利き酒振る舞いサービスもあり、清酒好きな人には嬉しいサービス!
ホテルは川(水路)沿いに建てられていて、西側は滝や川の流れを常時、眺めることができます。

ちなみにワンコ料金は4,320円(税込)、館内はキャリーバックに入れるか抱っこでOKです。抱っこでもOKは、なかなか嬉しいですね。

ウェルカムドリンクの抹茶とお菓子
利き酒振る舞いサービス

お部屋紹介

ワンコOKのお部屋は、5階の一番奥にありました。エレバーターから50メートルくらいはあるでしょうか。ワンコと宿泊するには、これくらいのハンデが必要のようです(笑)

とにかくエレバーターが遠い。しかも廊下は狭いです

部屋はとっても綺麗にリノベーションされていて、ワンコ独特の匂いもなく、清潔そのもの。西側(部屋の奥)は滝に面しているので、気候がよければ窓を開けて、川や滝の眺めや音を楽しむことができそうです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

清潔感のある室内
洗面などがコンパクトにまとまっている

部屋には、ワンコ同宿ということでゲージと餌皿があります。その他、おつまみ(有料)、冷蔵庫にはアルコール(有料)やソフトドリンク(有料)があります。お風呂は簡易シャワーがひとつ…。まあ、狭いユニットバスなんかがあっても結局は利用しないので、潔くていいですが、ちょっとテンションは下がってしまうかも…。

ひとつ、残念に思ったのがインスタントのコーヒー。寒い季節がら、せめてドリップコーヒーで美味しいコーヒーを飲みたかった…。部屋のつくりも、眺めを遮るように大きな柱が真ん中にあってちょっと残念です…。

お食事紹介

夕食はお部屋食でいただきました。エレベーターから遠い部屋のための配慮かと思いますが、配膳する方が大変そう(ホテルのお部屋食をたった一人でやっているみたいです)。配膳している最中も、手持ちの携帯に内線が結構かかってきていたりして少々しんどいかも…。

料理は、ちょっと珍しい地の食材などを美味しくいただきました。デザートは内線(心苦しい)でシャーベットを持ってきてもらいました。

変わって翌朝、朝食は朝食会場でいただきました。こちらも、一般的な朝食ビュッフェとは異なり、落ち着いた料理の数々を楽しめます。窓側は滝を眺めながら食事でき、なかなか風情があります。

朝食はビュッフェ

メインのお風呂ですが、大浴場のため写真はありません。大浴場は広い内風呂と半露天風呂があり、やはり滝や川の流れが眺められ、自然のなかでとても気持ちよく入浴できました。また、19時までですがビールとソフトクリームのサービスもあり(それぞれひとつずつ限り)、 あまり他ではないサービスで嬉しかったです。

朝食を美味しくいただきチェックアウト。ワンコの宿泊料4,320円を支払って、預けていた車の鍵をもらったのですが、どう頑張っても出せない位置に車が…。こういうことを確認しないで鍵を渡すあたりが、一流のホテルからは遠いのかなと…。また、ワンコ料金を取るにもかかわらず、ワンコのもてなしはほぼなし。しかし、いろいろともてなしの工夫をする姿勢が感じられるホテルで、今後に期待したいところです。

庄助の宿 瀧の湯
福島県会津若松市東山町湯本字滝の湯108
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。