商船三井フェリー さんふらわあ 🚢 ペットルーム完備! 茨城から北海道へ

初秋の北海道旅行は、往復で三井商船フェリーのさんふらわあ(往路はふらの、復路はさっぽろ)を利用しました。愛犬さくらはペットルーム、飼い主はスイートルームへ。大洗から苫小牧までの19時間の船旅、ペットルームを含め、お部屋や食事、お風呂の紹介をしていきたいと思います。



出港!

出港!

18時30分の出港の前に、受付で乗船手続き。船は飛行機と違って、対面ですべて処理するので出港前は長蛇の列です。事前にペット同伴で購入していたので、「動物(ペット)航送についてのご案内」で説明を受けました。

大洗港フェリーターミナル

大洗港フェリーターミナル

動物(ペット)航送についてのご案内

航送についてのご案内

手続きを済ませ、乗船するとそのままペットルームへさくらを預けます。ペットルームはCデッキにあります。さんふらわあ ふらのとさっぽろではペットルームの位置も広さに若干の違いがあります。

さんふらわあ ふらの

さんふらわあ さっぽろ

さんふらわあ さっぽろ

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

ペットルームも含め、どちらかと言うと「ふらの」の方が設備が整っているように思います。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

入室できない夜が心配…

入室できない夜が心配…

ペットルームのケージ

ペットルームのケージ

ペットルーム

ペットルーム

ペットルームには大小いくつかのケージと荷物置き場、椅子、流し台などがあります。ペットはペットルームから出してはいけないことになっていて、とっても不自由です。今まで乗ったフェリーのなかでは、長時間にもかかわらず扱いがひどいように感じました。せめて外のデッキに抱っこで出してあげたかったです。しかも、21時30分から8時までは鍵がかかって入れない…。同じように感じているのか、おじさんが一人ペットルームにつきっきりで椅子に座っていました……。

お部屋紹介

今回は奮発してスイートルームで移動します。スイートルームは、乗船中の食事(夕・朝・昼)が無料になるほか、冷蔵庫のドリンク無料、操舵室の見学ツアーなどもできます。まるで異動するホテルのようでとても快適です。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

快適なスイートルーム

快適なスイートルーム

冷蔵庫内のドリンクは無料

冷蔵庫内のドリンクは無料

スイートルームのアメニティも素晴らしく、特にさんふらわあのタオル(持ち帰り可)は、我が家で愛用しています。

お食事紹介

船での食事は、夕・朝・昼すべてがビュッフェ形式です。皆さんお腹がすいているのでしょうか、時間前に並んでいます(笑)スイートルーム利用者は、無料券があり、窓側の席が確保されているので、食券で並んでいる皆さんを横目にスイスイ……。料理の種類は豊富ですが味は…。復路の当日に、星野リゾートのビュッフェをいただいたからでしょうか、イマイチに感じました。

レストラン営業時間

レストラン営業時間

お食事券(表)

お食事券(表)

お食事券(裏)

お食事券(裏)

予約席

予約席

パパ、食べすぎでは?

パパ、食べすぎでは?

ビュッフェ形式

ビュッフェ形式

お風呂紹介

湯船から海を眺めることのできるお風呂はBデッキにあります。サウナもついていて、さすがは大型のフェリーですが、いかんせん設備が古く街の昔の銭湯を思わせます。

脱衣所

脱衣所

コインランドリー

コインランドリー

以上、さんふらわあを紹介してきました。スイートルームは快適で、デッキの散歩も気持ちよく、19時間を人間は快適に過ごせると思います。ただ、ペットルームはあるもののペットの待遇がよくないと感じました。19時間という時間をまったく外の空気も吸えずに過ごすなんて、愛犬のストレスが心配です。改善を強く要望したいと思います。2017年の新造船は、そのあたりが改善されているといいのですが……。



Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。