ワンコNG食材 🥞 ダメ。ゼッタイ。その他もろもろ編

かるーく間食していると匂いにつられてクンクン……。寄ってくるワンコに、まあ少しだけならいいか……となりがちですが、人間の食べ物のほとんどはワンコにとってはマイナスに働くものばかり。ということで、今回は「ワンコNG食材 🥞 ダメ。ゼッタイ。その他もろもろ編」をお届けします。

CONTENTS

 あげちゃダメ。ゼッタイ。ちょっと間食な食べ物

ここで紹介するのはちょっと軽くつまめるような間食系の食べ物。軽く食べられるので「ちょっとだけならあげてもいいか」と気が緩みがちですが、そこでストップ! ちゃんとNGな食べ物を頭に入れておきましょう。

まずは、チョコレート
ポリフェノールが人の健康には有用ですが、テオプロミンという成分に中毒性があり、心臓や中枢系神経を刺激し、血圧上昇、不整脈等の症状や、興奮、痙攣、昏睡等の中枢系神経の異常を引き起こします。

チョコレート

 

次に、グラノーラ。高カロリーで糖分も多く、犬に有害なドライフルーツが混ざっているのでNGです(参照)。

グラノーラ

次に紹介するのはお餅です。
こちらは感覚的にわかりますが、飲み込んで食べる修正のある犬にとっては、喉に詰まってしまう危険性が大です。
ちなみに、もち米の成分に中毒生はありません。

最後に、菓子パンや調理パン。
クリームやジャム、砂糖が多く含まれる菓子パンは当然カロリーも高く、前述のチョコレートを使用したものもあるので要注意。また、調理パンは具材に犬にとって有害な玉ねぎが使用されているものもあるので、与えないようにしましょう。さらに、よく使用されているマヨネーズやケチャップ、ソースなどの調味料も、油分や塩分、糖分が多く、高カロリーなのでNGです。

菓子パン

調理パン

調味料

 ちょっと意外な? NG食材

ここでは、あまり想像できないようなちょっと意外な? NG食べ物をご紹介します。

まずはキシリトール。
樺や樫の木からとれる天然素材の甘味料でガムなどで一大市場を築いていますが、数年前にキシリトールのタブレットを2粒誤食して犬が死亡して しまうというニュースがありました。キシリトールは人に害はありませんが、犬が大量に食べるとすい臓から多量のインスリンが体内に放出され、急激に血糖値が下がって肝不全を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。キシリトール入りのガムなどは、ワンコの届くところに放置しないようにしましょう。

キシリトール

次に、生卵の卵白です。
とってもスタンダードな食材ですが、加熱なしの生の卵白だけを与えたケースで中毒症状の症例があります。生の卵黄だけなら少量は問題ありません。

生卵の卵白

次に紹介するは、こんにゃく。
ヘルシーで体にとってもよさそうですが、もともと肉食の犬にとっては食物繊維が多すぎて消化できません。

こんにゃく

最後にご紹介するのが、氷菓。
夏になると飛ぶように売れる氷菓ですが、糖分が多く、問題がないようでもアレルギー成分が含まれていることもあります。

氷菓

 基本はお水で! NGな飲み物

人の飲み物は糖分(フルーツジュースなど)や塩分(トマトジュースなど)、脂肪分(牛乳など)多く、与えてもよいものも基本的に薄める必要があります。また、冷たいものは大量に飲むと消化に悪いので常温がおすすめです。

そのなかでも、糖分や酸味料の含まれる炭酸飲料、急性アルコール中毒の恐れがあるアルコール類、カフェインやタンニンなど、有害な成分が含まれるコーヒーやココア、緑茶、紅茶、ほうじ茶などはNGな飲み物です。

ここまで、ワンコNG食材 🍖 ダメ。ゼッタイ。その他もろもろ編をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
野菜編果物編肉・魚介・海藻編と合わせて参考にしていただければと思います。
それにしても、人間の食べ物って油分や糖分、塩分が多いことが改めてわかります。
飼い主も自身の健康のために、薄味を心がけて行こうと思った次第です(笑)

ずっと健康!

ずっと健康!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。